ルイボスティーは妊活中から飲み始めました。その理由は単純で、ノンカフェインで、美容にも良いらしいということで選びました。妊活にも良いというのは飲み始めてから知ったくらいです。普段お茶はけっこうな量飲んでおり、ルイボスティーも茶葉をヤカンで煮出して毎日1リットルは飲んでいると思います。ちなみに、ティーバッグで蒸らすよりもヤカンで煮出した方が有効成分が抽出されるのだそうです。夕食時や寝る前に飲んでも、睡眠の邪魔をしないので毎日ガブガブ飲んでます。
奇跡のお茶としてルイボスティーの効果をこちらのサイトで確認してます。
私が実感できた効果としては、まず冷え性の改善です。ホットにして飲めば体がポカポカします。特に寒い時期は、今までは末端がものすごく冷えてカチカチになってしまい、夜寝る時もモコモコ靴下が手放せなくなっていたのですが、それが無くなりました。
もう一つは貧血の改善です。以前は貧血気味で、突然フラついたり目眩がしたりということが珍しくありませんでした。しかし、ルイボスティーには鉄分やミネラルなども豊富なようで、飲み始めてからはそのようなことが無くなりました。
w58w585

そして肝心の妊活ですが、ルイボスティーの効果があったのかどうかは不明ですが飲み始めて4ヶ月後に妊娠が判明しました。妊娠中はもちろんカフェインを控えなければならないので、ルイボスティーは継続して飲み続けました。副作用が無いというのも安心して飲めるので良かったです。
「ルイボスティーの効果のメリットデメリットサイト」多くの方はこれを機にされていると思います。
わかりやすく説明されています。
妊娠中に実感した効果としては、整腸作用でしょうか。悩まされる人が多いという便秘とは無縁でした。また、よく妊娠中は肌荒れしやすいとも言いますが、肌トラブルも全くなかったです。むしろ調子が良かったと思います。また、立ち仕事でしたがむくみも全くなかったです。他の妊婦さんから羨ましがられました。
出産後は赤ちゃんを母乳で育てているので、そのままノンカフェインのルイボスティーを継続しています。出産後は寝不足等もありますが、今のところ特に老け込むことなく、出産前と変わらないねとよく言われます。これももしかしたらルイボスティーの効果なのかもしれません。

そして今、ルイボスティーは赤ちゃんの水分補給にも大活躍しています。大人にも良い効果があったのですが、赤ちゃんにも嬉しい効果がありました。
母乳だけだった頃から便秘がちで、ひどいと1週間近く出ないということも度々ありました。離乳食が始まってからも症状はあまり改善されませんでした。その時はパックの赤ちゃん用麦茶を飲ませていましたが、ストローで上手に飲めるようになってきたのでルイボスティーを飲ませ始めてみたのです。クセが無いので飲みやすいのか、飲みっぷりも良いです。

そしてお茶を変えた頃から、赤ちゃんの便秘が改善し始めました。今ではすっかり良くなり、赤ちゃんも苦しい思いをしなくなったので私も嬉しく思っています。
今では私と赤ちゃんに夫まで、家族みんなでルイボスティーを飲んでいます。夫は緑茶を夜飲むとなかなか寝付けないらしく、ルイボスティーにしてからは寝つきが良くなったと言っています。ノンカフェインにする必要が無くなっても、これからもルイボスティーは家に常備したいと思います。